FC2ブログ

FP社労士と株主優待 

山と温泉好きなヨットの優待日記です

八ヶ岳・横岳日帰りピストン登山リベンジ

 8/28~8/29は長野県・山梨県の八ヶ岳の横岳往復登山
に行ってきました。前回の7/31は赤岳・横岳・硫黄岳縦走
の10時間コースに11時間かかり、今回は横岳リベンジです。
 土日は駐車場と登山道渋滞があるため、また平日に休みを
取って行きました。横岳往復は9時間弱歩くコースです。
 8/28は一般道での車移動で、8:00発で白州道の駅で休憩後
はくしゅう道の駅
小淵沢の道の駅に17:00前に到着しました。標高は1000mです。
 小淵沢インター近くのコンビニで夕食の弁当を買いましたが
精算はJSP優待のクオカード使用です。車中泊で21:00に就寝し
8/29は3:00起床、暗いなかすぐに美濃戸に向け出発です
悪路経由で赤岳山荘の駐車場に4:10過ぎにつきましたが真っ暗
なため車中待機後に出発準備してたら駐車料金の徴収に小屋の
方が来られました。ここの標高は1700mくらいです
(今日は写真が多いのでほとんどサムネイルにしてますので
写真はクリックで拡大します)
八ヶ岳駐車8.28
 5:20に出発し、美濃戸山荘前から南沢に入り、行者小屋に
7:20到着し、前回のシャリバテを反省し、羊羹食べてから7:30
出発です。ここで標高2345mです。
 行者小屋
行者8.28
途中で三つの階段があります。高いところ苦手な方は下は見ない
ほうが良いかも
 地蔵階段No1    地蔵階段No2 地蔵階段No3
地蔵階段1 地蔵階段2 地蔵階段3
途中のお地蔵さんに安全祈願です
地蔵途中
地蔵8.28
地蔵上部の岩場は鎖ありますが不要です。
 地蔵上部岩場 
地蔵上部8.28
地蔵ノ頭に8:45到着しました。腕時計の温度計は8℃です
ここの標高は2700m。西からの風が強く西側の稜線は初冬
のように寒いです。下界が30℃以上あるのが信じられない
です。
 地蔵ノ頭
地蔵ノ頭8.28
右に赤岳が見えますが、今日は左の横岳方面に向かいます
8:50出発です。
地蔵から赤岳8.28
すぐに23夜峰です。右側を登っていきます。
東側は日も当たり風も強くなく助かります
登りきると日ノ岳です。
23夜峰8.28
 日ノ岳基部に9:10到着し、トラバース後に一枚岩のルンゼ(岩溝)
を鎖も使用しながら登ります。上部はお花畑ですが高山植物の写真
は帰りに撮ります
 日ノ岳基部   横鎖        縦ルンゼ鎖
日の岳8.28 日の岳鎖横8.28 日の岳鎖縦8.28
 登りきると稜線で、振り返ると赤岳が良く見えます
赤岳8.28日の岳より
すぐに鉾岳を左に巻き下り、次の鎖場を登りきり9:30石尊峰
着です。正面に奥の院見えます。ドラ焼き食べてから石尊峰
9:40出発で9:50三叉峰(2825m)基部で、右に巻きます
石尊登り     石尊峰     三叉峰
三叉手前8.28 石尊峰8.28 三叉峰8.28
はしご登って奥の院2829mに10:00に到着です。
時計の高度は2830mになってます。この腕時計は定価4万円ですが
リサイクルで8千円で入手したもので、ガラス面にキズがあったの
ですが、研磨剤で磨いたらキズは見えなくなりました。方位計もつ
いたソーラー電波時計で高度・温度も表示するため助かります。
 奥の院   時計高度
奥の院8.28 横岳時計高度8.28
横岳記念写真です
横岳記念8.28
その後、カニのタテバイを降りて見上げます。
横岳縦バイ8.28
次のカニのヨコバイは途中ナイフリッジ*を左から右にまたぎます。
高度感少しあり、慣れない方がいると渋滞する場所です
(*ナイフの刃のように尖った、切り立った尾根、右側も左側もいき
なり谷へ落ちているような幅の狭い尾根)
カニのヨコバイ
カニの横這い
 ナイフリッジ
横岳ナイフリッジ8.28
横岳・奥の院の北側で岩場はほぼ終了です。
今日は硫黄岳に向かわず、10:20ここでユーターンし同じ道を帰ります
横岳北8,28
奥の院10:30に戻り10:35出発です。
赤岳・阿弥陀岳が良く見えます
横岳より赤岳方面7.28
11:20日ノ岳のお花畑で写真とりました。
今回は白い花が多いです。
ミネウスユキソウ ウメバチソウ ヒメコゴメグサ   
ミネウスユキソウ8.28 ウメバチソウ8.28 ヒメコゴメグサ8.28
地蔵ノ頭11:45到着し、振り返ると横岳きれいです。
地蔵から横岳方面8.28
地蔵尾根下り行者小屋12:30到着し、メロンパンを食べ
12:45出発です。
 14:15無事に南沢入口到着。美濃戸山荘前は団体さんが
いて混雑していました。
南沢8.28 美濃戸8.28
 今回は5:20発のため約9時間ですが50分くらい休憩したため
歩行時間は8時間くらいで標準時間は510分くらいですので
普通のペースで歩けたため、リベンジ終了です。
 前回は何も食べずに歩き続けたのと長時間休憩が失敗でし
たので、今回は良く休み良く食べたと思います。休憩時間も
稜線では10分以内にしました。
 結局、横岳ピストンも地蔵・横岳・硫黄岳もかかる時間は
ほぼ同じのため、体力的に来年登れるかは不明ですが、登れる
場合はコースを考えることにします。ただ赤岳・横岳・硫黄岳
縦走は休憩込で10時間(前回11時間)かかるため、日帰りでは
厳しいかなと思います。赤岳登山は歩行7時間強なので横岳き
つい時は赤岳単独も検討します。
 
 駐車場を14:35出発し、小淵沢道の駅15:10到着。左足アキレス腱
に違和感あり、足湯で少しマッサージしました。
 この後、15:30出発し千葉の自宅に22:30に到着しました。
行きは9時間、帰りは7時間ですが、帰りは都内通過が19:00~20:00
と夜で渋滞がないためです。
8/29から3日経過しましたがアキレス腱含め足に問題ないため、来週
は草津温泉に行こうかなと思っています。

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます
[ 2013/09/01 19:13 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

危なかった八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)日帰り縦走と瑞牆山の連続登山

 7/30~8/1は避暑をかねて、長野県・山梨県の八ヶ岳の赤岳
横岳縦走と山梨県の瑞牆山に行ってきました。
 土日は駐車場と登山道渋滞があるため、平日に休みを取って
行きました。
 赤岳・横岳縦走は9~10時間歩く一泊二日コースのため、60才
過ぎでの日帰りに不安感じながらの実行です。午後の天気良くなけ
れば赤岳はやめるという前提です。
 7/30は一般道での車移動で、8:00発で小淵沢の道の駅に17:00到着
しました。ここで標高は1000mです。
 小淵沢インター近くのコンビニで夕食の弁当を買いましたが精算
は優待のクオカード使用です。車中泊で21:00に就寝し7/31は3:00起床。
コンビニでパンを買って、暗いなかすぐに美濃戸に向け出発です
このパンを食べた時間が後で問題になります。
 暗いためカーナビがたよりですが、カーナビは八が岳美術館から
先の道路を認識しませんが、わかってる道なので、林道(登山道)
に入りゆっくり走ります。車の底をすると有名な道ですが暗いため
道路の凹凸見極めが必要です。
  道の駅小淵沢
小淵沢道の駅7.30
 なんとか赤岳山荘の駐車場に4:30過ぎについて出発準備してたら
駐車料金の徴収に小屋の方が来られました。早起きですね。
ここの標高は1700mくらいです
(今日は写真が多いのでほとんどサムネイルにしてますので
写真はクリックで拡大します)
4:50に出発し、美濃戸山荘前で準備確認したらデジカメ電池
忘れてて車に戻り出発5:15になってしまいました。
駐車券1000円/日 美濃戸山荘   登山口
美濃戸駐車8.1 美濃戸7.31 登山口7.31
行者小屋7:20到着し、赤岳が見えます
山小屋の方に天気予報聞いたら午後も天気
大きくくずれないとのことで赤岳も寄ること
にしました
 階段登ります。階段怖がっている山ガール
に道をゆずってもらいました。
 行者7.31 行者赤7.31 地蔵階段7.31
お地蔵さんにお祈りして
クサリ場経由し地蔵の頭に8:25到着です。
チシマギキョウが咲いていました。 
地蔵さん7.31 地蔵上部7.31 チシマギキョウ7.31
 左に横岳みえます 
地蔵横岳7.31
 右の赤岳展望荘経由し赤岳に向かいます
天望赤岳7.31
 途中で振り返ったら、赤岳展望荘がはるか下
に見えます。帰りはすごい下りです。
赤岳下り7,31
 途中でミヤマダイコンソウ咲いてました。黄色の
花の高山植物は種類多く、似ていて名前わかりにくいです。
赤岳頂上に9:15に到着し記念写真です。
 天気良く、北・中央・南アルプスや奥秩父等360度の山山
が見えます。ただ富士山だけがかすんでいました。
ミヤマダイコンソウ     赤岳頂上
ミヤマダイコンソウ7.31 赤岳頂上記念7.31 赤岳頂上7.31
 頂上で数名の方と話をしてしまい、出発が9:40と
遅くなってしまいました。地蔵の頭に10:10到着。
この後、問題が発生します。登りで足が動かず息切れです。
シャリバテのようです。朝3:00にパンを食べてからは
キャラメルと水だけのため、カロリー不足に陥ったようです
今日の登山の予定消費カロリーは6500Kcal(マラソンは2500Kcal)
なんで、赤岳頂上で話をせず、何か食べるべきでした。
23夜峰・お花畑経由し、日ノ岳に10:55どうにか到着
地蔵から横岳   23夜峰     日ノ岳お花畑
横岳開始7.31 二十三夜7.31 日ノ岳花畑7.31
鉾岳・石尊峰稜線に向かう岩場は普通に登れました。
三叉手前7.31
石尊峰経由で三叉峰11:30到着して無名峰めざします
三叉峰    杣添尾根分岐   無名峰手前から赤岳
三叉峰7.31 杣添分岐7.31 振り返り7.31
無名峰経由し、奥の院の梯子登り11:50横岳頂上到着
普通なら地蔵から70分で11:20到着なのに110分と1.5倍
もかかってます。ここで食事すべきだったですが下りのた
め、いいと思い11:55出発。
奥の院     横岳頂上
奥の院手前7.31 横岳頂上7.31
 カニの縦這いという鎖場下ります。高さ3m強くらいですが
下にテラスあり不安ありません(テラスの下はガケ)
カニの縦這い
カニの縦這い
 次がカニの横這いという道を横向きでなく普通に歩きます。
左はガケですが、道幅あり不安ありません
カニの横這い
カニの横這い
 次はナイフリッジの稜線をまたぎます。
ここでは渋滞で5分以上待ちました。
ナイフリッジ
ナイフリッジ7.31
 そのあとの稜線は短いですが、両側ガケのため
風が強い時は注意必要かもしれません。
横岳下り
横岳下り7.31
珍しい白いコマクサやタカツメクサが、たくさん咲いてます
コマクサ白    コマクサ   タカツメクサ
コマクサ白7.31 コマクサ7.31 タカネツメクサ7.31
硫黄岳山荘まで下り12:40到着。標準35分が45分です
が渋滞と写真時間考え許容範囲。
 硫黄岳登りは霧の時に迷いやすいため、ケルンが
たくさんあります。ここの登りでカロリー不足再発
キャラメル効果ありません。食べると少し休むことに
なるため頑張ります。
 硫黄岳頂上に40分かかり13:20到着。普通は25分です
少しフラフラ状態で、すぐにメロンパン二個・魚缶詰め食べ
水を飲みました。もっと早く食べるべきだったです。
硫黄岳山荘   ケルン     硫黄岳頂上
硫黄山荘7.31 硫黄岳ケルン7.31 硫黄岳頂上7.31  
爆裂火口すごい迫力です。
爆裂火口7.31
 少し落ち着いたので、今日歩いてきた赤岳・横岳をふり
かえり、よく歩いたなと思いました。
硫黄から赤岳横岳
 美濃戸まで標準時間3時間のため、16:30という遅い時間
になります。でも食べて元気回復したため大丈夫と思い13:30
山頂出発。赤岩の頭13:40着と順調。
赤岩の頭   赤岩分岐
赤岩の頭7.31 赤岩分岐7.31
 赤岳鉱泉14:40到着と順調。今日歩いたコース見えます
そして16:00に登山口に到着しました。
 今日は、食事の取り方や休憩時間長すぎ等いろいろ問題
があり、少し危険な登山になりました。問題が起こらなか
ったのは運が良かったです。次回からは気をつけないとい
けないと猛反省です。
赤岳鉱泉    鉱泉から八ヶ岳遠景   ゴール
赤岳鉱泉7.31 鉱泉横岳遠望7.31 北沢ゴール7.31
その後、原村の「もみの湯」という温泉に行きのんびりです。
 ここは500円の料金が17:00から300円になるため
地元の方、登山客で17:00から混雑します。
 入浴後に小淵沢道の駅に戻り、コンビニ弁当を優待クオカード
が買って食べてから、瑞牆湖ビジターセンターに車で移動し19:00
過ぎに到着しました。瑞牆山荘よりもトイレがきれいなので、ビジ
ネスセンターで車中泊です。
 8/1朝5:30に起床し6:00に瑞牆登山口駐車場到着も豪雨です
天気予報は午前中雨で少し様子見です。
 8:00頃に雨が小降りになり雨具つけ出発です。
 登山口に熊注意の看板。熊はヒグマでなく
ツキノワグマだから少しは安心かな。
途中、瑞牆山が見えました。
登山口     瑞牆遠景
瑞牆入口8.1 瑞牆木間8.1
富士見平小屋8:40経由で桃太郎岩9:10到着
 岩が割れているため、誰かが支えの棒を入れたのでしょうね
意味不明ですが。
桃太郎岩    桃太郎岩支え 
桃太郎岩8.1 桃太郎支え8.1
大ヤスリ岩は迫力あります。
大ヤスリ岩
大ヤスリ岩8.1
 頂上に10:30到着。千葉から来ていた方と話しました。
土日は混雑する頂上も二人だけです。富士山も見えます
一緒に下ろうとのお誘いを昨日の反省もあり断り、パンと
缶詰でしっかりと食事して頂上発11:10。桃太郎岩12:00
富士見平小屋12:25着で、雨具を脱ぎました。
瑞牆頂上   富士山    富士見平小屋 
瑞牆頂上8.1 瑞牆富士山8.1 富士見平8.1
途中で林道に寄り道し瑞牆山の展望場に
林道瑞牆山遠景
瑞牆遠景8.1
この後、頂上で会った千葉の方と再会。この後の下り
で道迷い発生も、千葉の方が持たれていたスマホのGPS
機能ですぐに登山道復帰(10mくらい右にはずれてました)
し13:30に登山口に到着しました。標準時間5時間20分
のため、今日は普通に歩けました。
 この後、13:40出発し千葉の自宅に22:00に到着しました。
さらに二日後に問題が発生します。

 8/2はいつもの軽い筋肉痛でしたが、8/3の起床したら、家の
階段下るのに痛く、左足のくるぶし近辺がはれてきて、くるぶし
の骨のでっぱりが見えなくなりました。すぐに医者に行ったら
予想通り、10年前の富士登山同様のアキレス腱周囲炎でした。
長時間歩行時は、十分な食事摂取とストレッチが必要だと再認識
しました。登山中にアキレス腱痛くならなくて良かったです。

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうごさいます
[ 2013/08/04 19:09 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

丹沢大倉尾根ピストンと予想どおりの優待到着

 今日は丹沢の塔ノ岳の大倉尾根ピストンです
夏に八ヶ岳登るための予行演習です。渋沢9:18発
のバスで大倉9:35着で9:45歩き始めました。
 登山口入口の看板に1200m登るため、北アルプス
や富士山登山の標高差同等のため簡単でないと書いて
あります。
塔ノ岳大倉看板
堀山の家まで1時間50分で11:35着、それから45分歩き
計2時間35分(標準3時間)で12:20に花立山荘到着。
 昼食後12:40発で30分歩き塔ノ岳頂上に13:10着。
天気は曇りで富士山は見えません。
 歩行時間3時間(標準3時間30分)なのでまずまずですが、
景色の見えない1200m登りはさすがに疲れました。ただ登る
だけで「バカ尾根」と呼ばれてるのも納得です。 でも表尾根
みたいな渋滞はなく、マイペースで歩けるのは良い点です
次回を表尾根・大倉尾根のどちらにするか考える必要あります。
景色と渋滞の選択悩みます 
塔ノ岳2013.6.29
13:30頂上出発し、少し急いで歩いて大倉に15:20到着
下りは1時間50分(標準2時間20分)でした。少し膝にきた
ので下りは急ぎすぎでした。トータル歩行時間は4時間50分でした。
 15:30に臨時バスありラッキーで渋沢15:52発に乗れ、新宿に
17:00過ぎにつきました
 家の近くで吉野家優待券で牛丼食べましたが、お客さんは
値下げ時より少ない感じですが、牛丼並のお弁当二つ持ち帰り
のお客さんが結構多かったのに驚きました。
吉野家2013.6.29
 自宅に19:30前についたら、予想どおり優待がたくさん届いて
ました。明日適当に開封してみます。

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうごさいます
[ 2013/06/29 20:51 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

プレナス優待使用法と山の帰りに吉野家

 今日は1月ぶりに丹沢の塔ノ岳に行きましたが
霧の中だったため、涼しかったので早く歩けましたが
景色は見えませんでした。
 頂上は寒いので山小屋にお客さんが入ってて繁盛
してるようです
ヤビツ9:50発-三ノ塔11:10-烏尾山11:30
新大日12:30(12:50まで昼食)-塔ノ岳13:30
(13:45まで休憩)-大倉着16:00でした。途中
クサリ場渋滞で15分待ったため、正味歩行時間は5時間20分
で最短記録更新しました。今日は若い方が多かったです。
塔ノ岳2013.5
帰りに吉野家に19:00頃寄りましたが、280円値下げ
直後に比べると客数減ってるような感じですが、どう
なんでしょうか
吉野家2013.5,25
帰宅したらプレナスから優待券2500円分が届いてました。
優待回数が年一回になったため、優待券の有効期間も
2014年5月までと長いので、ほっともっとかやよい軒
で使うかチケットショプに売却するかは、じっくり考
えます。
プレナス2013.5

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうごさいます
[ 2013/05/25 20:51 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

富士山・鹿との遭遇(塔ノ岳)と吉野家値下げ大丈夫かな

 今日は丹沢の塔ノ岳に行きましたが、富士山と鹿に
遭遇でき、本当にラッキーでした。
 秦野発ヤビツ行きのバスは人が多く増発の2台目となり座れました
ヤビツ峠を9:45スタートしました。三ノ塔から塔ノ岳(正面の高い山)
までの歩くコースが良く見えました
表尾根2013.4
富士山も本当によく見え、目の前の感じです。
富士山2013.4
途中山桜が咲いてましたが、普通の桜と違うのは花が下向き
のため山桜とわかります
山桜2013.4
なんと鹿にも会えました。この時期の鹿は親子連れが多いです
鹿2013.4
途中昼食休み後、1491mの塔ノ岳到着は13:40で、この後
は14:00スタートで大倉に16:20到着しました。
塔の岳2013.4

 帰りに自宅近くの駅で途中下車し、吉野家に寄りました
値下げの影響で、やはり以前より混んでいます。
 吉野家の話では100円値下げしても、値下げ効果で客数
が3割、売上高は15~20%伸びるので収支は大丈夫との
ことですが、今後の売上状況発表が楽しみです。
ただ、優待券の残があと一枚になってしまいました。
吉野家2013.4八千代
明日は5月優待取得を少し見てみたいと思ってます

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうごさいます
[ 2013/04/28 19:34 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

三菱UFJのダブル優待到着と高尾山の桜満開

 三菱UFJHDから優待品が届きました。
クロスで2名義取得のためダブル優待です
ピーターラビットグッズで、ひとつはペン
ケースです。小さいです
三菱UFJペンケース2013
もう一つはタオル2枚です。タオルのほうが良いかも。
三菱UFJタオル2013

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
応援いただける方は
クリック願います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうごさいます

 それと今日は久しぶりに小仏から高尾山に行ってきました。
景信山経由で小仏到着で狸がおいております。
景信山の山菜天ぷら300円は山菜というより葉っぱが多いような
感じです
小仏2013.4
城山から高尾山まで桜が満開できれいでした。同じ東京都なのに
二週間以上も満開時期が違うんですね。
ただゴールデンウィークほどではありませんが、人が多かったです
なめこ汁は並んでいました。
城山桜2013.4
高尾山から稲荷山経由で下山しました
3時間ちょっとのハイキングでした。
高尾稲荷2013.4
[ 2013/04/13 19:33 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

丹沢表尾根ピストンで鹿に遭遇とカーナビの海上表示

暑さも厳しくなくなったので3ケ月ぶりに低山の丹沢
に車で行ってきました。自宅を5:50出発しましたが
ディズニーランドの手前で渋滞してました。都内横断は
渋滞するため、浦安をすぎてから今年できた東京ゲートブリッジ
と臨界トンネル(海底)経由で行くため新木場を南に行き
東京湾横断唯一の無料ルートで千葉県から羽田・川崎方面
に入りました。私のポータブルカーナビは昨年購入した物
のためゲートブリッジと臨海トンネルを走ってる間はカー
ナビの表示はずっと海の上を走っていました。
 丹沢の菩提駐車場には10:40到着です。準備し10:50出発
ゲートの横をすりぬけ11:00に登山道入口です
菩提駐車場    ゲート      表尾根入口
菩提駐車 菩提ゲート 表出口
三ノ塔(11:55)からは表尾根全景と塔ノ岳も見えました。
ただ今日はヘリコプターが飛んでいてうるさいです
けが人救助ではないようです。
行者ケ岳の鎖場は鎖使わずにあっという間に通過です
表尾根遠景   鎖場1       鎖場2 
表尾根遠景 鎖場1 鎖場2
途中新大日で昼食で20分休憩し、塔ノ岳に14:15到着です
山荘の前に大きな荷物が置いてあり、ヘリコプターでの
荷揚げをしていたようです
塔ノ岳(1491m) 尊仏山荘
塔の岳2012.10.5 尊仏山荘荷揚げ
帰りの時間もあり14:30に頂上出発です
行きの山道を帰りましたが三ノ塔の登りは疲れのせいか本当
にきついです。でも三ノ塔からの下りでめずらしい物に遭遇
しました。
 ひとつはキキョウ科のイワシャジン。高山植物だと思って
いたら1000m以下にもあるんですね。
イワシャジン
それと鹿に遭遇しました。いつもは新大日と塔ノ岳の間で見ます
ただ暗いのでビンボケです
鹿表
 駐車場に17:20に到着しました。行きは正味3時間強
のため下りの帰りはもっと早いと思ったら結局2時間50分
かかりました。三ノ塔の帰りの登りが足をひっぱりました。
でもどうにか暗くなる直前に下山でき良かったです
 17:30出発し22:30に自宅到着。丹沢は車でなく、電車と
バスで行ったほうが楽でした。片道125Kmに5時間なんで
早い自転車並みです


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
人気優待情報は株主優待をクリック
[ 2012/10/06 23:20 ] 山歩き | TB(0) | CM(2)

無謀な八ヶ岳・赤岳日帰り登山と優待品使用

 9/5~9/6は避暑をかねて、長野県・山梨県の八ヶ岳の赤岳に
行ってきました。土日は駐車場が満杯になるため、平日に休み
を取って行きました。
 赤岳は30年前の登山以来久しぶりで、60才直前の年齢と本来は
一泊二日のコースのため、日帰りは無謀かと思いながらの実行です
岩場の心配はあまりないけど、体力が持つのかどうか少し心配です
 赤岳日帰り登山は、電車・バスでは厳しく、車が前提となります。
9/5は一般道で車移動で、8:00発で小淵沢の道の駅に17:00到着し
ました。ここで標高は1000mです。
 小淵沢インター近くのコンビニで夕食の弁当を買いましたが精算
は優待のクオカード使用です。車中泊で21:00に就寝し3:40起床。
真っ暗ななかすぐに美濃戸に向け出発です
 真っ暗なんでカーナビがたよりなのですが、カーナビは八が岳
美術館から先の道路を認識しないので、途中から道路標識頼りです
 林道分岐の場所で停車したら、後続車がきたので、その車の後
について、林道(登山道)を車でゆっくり走ります。車の底をする
と有名な道ですが真っ暗なため道路の凹凸見極めも大変。
ただここを歩くと片道一時間のため日帰り登山のためには大変でも
車で登るしかないんです。後輪駆動の車だときつい場所があります。
私の車は軽のライフですがよく頑張ってくれました。
なんとか赤岳山荘の駐車場に5:00過ぎについたら駐車料金の徴収に
小屋の方が来られました。帰りに支払うと思ってたら早起きですね。
駐車場には結構車が駐車してましたが、4WDでなく普通の乗用車
が多かったです。軽自動車も結構いました。
ここの標高は1700mくらいです
(今日は写真が多いのでほとんどサムネイルにしてますので
写真はクリックで拡大します)
最初の美濃戸入口と林道入口分岐 駐車券1000円/日
(この写真は帰りに撮影)
美濃戸入口分岐 美濃戸林道 駐車券
 朝食をとって5:30に出発です。美濃戸山荘前で準備確認し
小雨まじりのなか、5:40に南沢の登山道に入りました。
途中でトリカブトの花が咲いてました。
道迷いが発生してるとのことで黄テープ確認必要です
沢沿いの暗い樹林帯の道ですが、突然、河原に出ました
美濃戸山荘 南沢入口トリカブト 南沢河原
 河原から左に横岳、右に今日上る赤岳がよく見えました
しばらくして行者小屋に7:40到着。ほぼ標準時間
ここの標高は2350mのため頂上まであと550mです
小屋の方に聞くと天気は午後から悪くなるとのことで
先を急ぐことにしました。
南沢横 南沢赤 行者小屋
小屋の裏から地蔵尾根に入ります。途中から階段
と岩場が続きますが、クサリは使用しなくて大丈夫
です。ただ雨の下りは滑りそう。
途中にお地蔵さんがあります
 地蔵階段 地蔵地蔵様 地蔵上部鎖
8:50地蔵の頭で稜線に出ました。お地蔵さんは途中にも
あったんで、二体目です。でも登ってるのに暑くなく汗が
でないっていいですね。気温は15℃以下でしょうね。
 富士山が良く見えました。ただ北アルプスと南アルプスは
雲がかかっていてよく見えません。
地蔵 地蔵富士
左を見ると横岳です。行きたいな。でも天気
悪くなるので、今回はあきらめます
地蔵横
 稜線を少し歩き赤岳展望荘からの赤岳ですが
結構きつそうな登りにみえます。
地蔵赤岳
 赤岳の登りの斜面です。富士山より体力的には楽です
もちろん手も使わないと登れない場所もあり技術的には
富士山より難しいですよ。急に霧がかかってきました。
 赤岳頂上小屋につき、山バッジ(右)を購入600円
左の山バッジは行者小屋購入で500円でした
よくこんな場所に山小屋建てたなと感心します
泊まったら日の出は感動ものでしょうね
赤岳途中 赤岳山荘 赤岳バッジ
 少し歩き、9:30赤岳頂上です。霧の中で何も見えません
夏は混雑で有名な狭い頂上ですが誰もいませんでした。
頂上独り占めですが、何も見えないのでは残念です
赤岳神社と2898mの赤岳頂上標識ですが、字が少し消えて
いました。
赤頂上1 赤頂上2 赤頂上3
 景色も見えないので、すぐに下山です。帰りは岩場70m
くらいを下ります。ここも鎖は使わなくて大丈夫です
ただ時々浮石があるので注意必要です
赤下り1
鎖が頭上にかかっている場所もあります
赤下り2
 70m下り岩場の基部に到着。主稜線の巻き道です
振り返って見上げると、降りてきた道(?)が見えます
9月なのに時々高山植物が咲いています
左の花はオンタデ、真中はトウヤクリンドウ、右は
高山植物の女王といわれるコマクサです
9月にコマクサが見られるとは感動です
赤岩場基部 赤花1 トウヤクリンドウ コマクサ
 文三郎分岐に10:00到着です。目の前の阿弥陀岳
も霧で見えません。天気悪くなるとのことのため
このまま文三郎尾根を降ります。階段につぐ階段
ですが、金網以外の階段もありました。
丹沢の大倉尾根のほうがきついかもしれません。
文三郎分岐
 行者小屋に10:40に戻り10:50まで休憩です
ここから埼玉から来た大学生の方と一緒に下りました
が、山登りは、ほとんど初めてなのに一泊二日で赤岳
にきたとのことで、感心してしまいました。高尾山も
登ったことがないとのこと。
 若さってすごいです。私の若い時も無茶したんで理解
はできますけど。
 美濃戸まで行きと同じ道を下り12:20美濃戸到着
合計時間6時間50分でした。平日で人も少なくて
岩場の渋滞もなく自分の思い通り歩けて良かったです
 本当は横岳か阿弥陀岳に寄り道したかったのですが、
天気を考え中止しましたが、ぜいたくというものなんで
今回の登山は満足しました。
 駐車場を12:40出発で車の底をすらないよう慎重
に運転して美濃戸口につき、昨日の車中泊の小淵沢
の道の駅に13:35到着です。天気予報どおり途中大雨でした。
 ここで足湯(無料)につかりながら昼食をとりました
ここで東建優待のクッパとカレーを食べました
アキレス腱にやや違和感ありましたが、足湯でマッサ
ージしたら良くなりました。
 晴れていれば、道の駅から八ヶ岳が見えるとのことです
右端に写ってるのが足湯です
小淵沢道の駅
コンビニでお菓子(優待クオカードです)を買って14:00出発です
一般道を220km走り、千葉の自宅に21:30に到着しました

 下山後二日経過しましたが、さすがに3000m近い山のせいか少し
筋肉痛です。ふくらはぎだけでなく、太ももも筋肉痛ですが、
歩けないほどではなくて、軽い筋肉痛という感じです。

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
 ▼ ▼ ▼
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村ランキングに参加してます。
よろしければ一日一回応援クリックお願いします。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村 
[ 2012/09/08 13:16 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

金峰山と乾徳山初登山と優待品活躍

 8/1~8/3は避暑をかねて、山梨県の金峰山(きんぷさん)
と西沢渓谷と乾徳山(けんとくさん)に行ってきました。
土日は駐車場が満杯になるため、平日休みに行きました。
山も電車・バスより車のほうが便利な山もあります
 8/1は車移動で早起きの高速利用も考えましたが、10:00発で
一般道で行ったため、大弛(おおだるみ)峠の駐車場に19:00頃到着
しましたが、すでに5台くらい駐車してました。
 テントも持ってきましたが、暗くなってきたので、車中泊です。
なおテント場は駐車場の目の前でオートキャンプに近いです。
車中泊は助手席を倒し後部席とつなげ助手席の座面を頭側にして
横になるのが一番楽です。私の車は軽のライフですが問題あり
ません。ただ避暑どころか、結構寒く冬用の寝袋で正解でした。
 朝5:00に起きたら気温はなんと10℃です。標高100m高くなると
0.6℃下がるのでこんなもんです。この峠は車で登れる日本で一
番高い峠です。車の台数は10台以上になってました。
 出発する方が増えてきたため、朝食とり6:00出発です。
途中で富士山がきれいに見えました。
(今日は写真が多いのでほとんどサムネイルにしてますので
写真はクリックで拡大します)
大弛1 大弛2 金峰富士
 8;20に金峰山頂上2598mに到着です。この山は頂上より
頂上下にある五丈岩(下写真右)のほうが有名です
この岩は高さ15mといわれてますが本当に巨大です
頂上で話をした方は、自宅を3:00に出て明日は用事
があるのでこのまま車で自宅に帰ると言われてました。
日帰り登山の早朝出発は大変です
10分もしないうちに霧が濃くなってきました。
金峰頂上 五丈岩
 このまま帰るか先の瑞牆(みずがき)山方面にすすむか(この先
は中級者コース)を考え、8:30出発。下のような感じの道(?)なん
で手も使わないすすめない危険な場所もあります。下左は千代の
吹上という場所です。雨の日だとすべって怖いと思います。
 もう少し進むと切り立った岩山で、砂払いノ頭といわれる
場所で左は崖で落ちたら終わりです。右はハイマツ帯ですが
現在はライチョウはいないとのことです
千代 砂払
岩山を越えた場所で時間もあり引き返すことにしました
 金峰山頂上で電車・バスで来られたテント縦走の方と話し
瑞牆方面に縦走とのことだったため、登山図で危険個所の
話等をしました。荷物が重いとバランスとるの大変なんです
バス本数少ないので電車でくるのも大変ですが、車は帰りの
運転がきついのでどっちがいいのか?
大弛峠には12:00過ぎに戻りました。
ここから車で西沢渓谷に移動。12:20に出発し13:50到着
西沢渓谷歩くのに4時間と書いてありますが、観光客用の
時間なんで3時間で行けると思い出発。
結構有名な景勝地ですが、時間が遅いこともありすいてました。
左から、三重の滝、人面洞(人の顔が見える?)、竜神の滝です
西沢三重 西沢人面 西沢竜神
 結構な岩場歩きで運動靴よりトレッキングシューズのほうが
楽です。貞泉の滝、母胎淵を通過します
ハイライトの七ツ釜五段の滝に到着です 
西沢貞泉 西沢母胎
ハイライトの七ツ釜五段の滝に到着です 
左は下3段、右は上2段です。
七ツ釜1 七ツ釜2
帰りは昔のトロッコ道を歩きますが一部線路が残ってます
このトロッコは木材搬出に使われたとのことですが、山から
下に降りるときは下りのためブレーキ制御だけだったそうで
登りは馬で引き揚げたとのことです
途中に木材積んだトロッコが展示(?)してありました。
トロッコ道 西沢トロッコ
 西沢渓谷からコンビニで弁当を食べ、徳和の乾徳山登山口の
駐車場に移動し、車中泊。でもここの標高は800mなので、高尾
山の599mよりも高い場所なんだとふと思いました
 8/3も6:00に出発です。登山口の看板は巨大です
看板すぎると熊出没注意の看板ありますが、熊鈴しか
対応のしようがありません。
暗い景色も見えない急な森林帯を1時間以上登り、少しなだらか
になり、国師ケ原分岐からまた林の中を急登すると視界が開け
富士山が見えます。しばらくすると扇平の月見岩に到着。
乾徳入口 乾徳富士 月見
ここから岩場の森を登っていくと乾徳山のクサリ場が登場
 一つめの鎖場は左は鎖必要ですが右は鎖を使わなくても
登れます。高さ10mもないと思います。
乾徳鎖1
そして、ハイライトの頂上下の30m弱(ガイドブックによる)
の鎖場です。下6mくらいは滑るため鎖がないときついですが
残りの20m(?)くらいは鎖に頼らなくても大丈夫です。
結構、きついとの話も聞いていましたが、岩場の3点確保さえ
わかっていれば、初心者でも問題ない岩でした。
高さも30m弱でなく20m弱だと思いました。
むしろ六甲山の岩(鎖なし)のほうがきついです。
六甲岩場
乾徳鎖2
下左は10m(?)登り上からの写真
下右は30m(?)登り終えた上からの写真です
 登ってるときは大丈夫ですが、上からみると
高度感あり少し怖いですね。
乾徳鎖上1 乾徳鎖上2
2031mの頂上に到着しましたが昨日の金峰山とは違って
誰もいません。頂上は狭いので土日は混雑するそうです。
富士山と南アルプスの北岳(国内で富士山の次に高い山)
がよく見えました。
乾徳頂上 乾徳頂上富士 乾徳頂上北
 帰りは滑りやすく道がわかりにくいとの悪名高い迂回新道
に使わずに国師ケ原までは登ってきた道を戻りました。
国師ケ原からは道満尾根を下りましたが、道標少なく道も
未整備で行きの登山道を下ったほうが良かったです。
 昨日は標準時間より少し早めに歩いたため、アキレス腱に
やや違和感があったため、今日はほぼ標準時間でゆっくりと歩
いたところ、筋肉痛、膝痛はほとんどないため、これからは
ゆっくり歩くようにしたいと思いました。
 最後に鹿や猪が人里に入らないように扉をしめて下山しました
駐車場着の下山時間は12:40でした。
 13:00発で帰りも一般道のため帰宅は21:00前でした。
なお行き帰りとも都内通過(横断)に4時間ほどかかりました。
乾徳出口

 今回の登山では株主優待品が活躍しました。
車の行き帰りの昼食は吉野家とかっぱ寿司の優待券
 山の朝食、昼食はコンビニのパンと缶詰、車中泊の
夕食は二日間ともコンビニ弁当ですべて優待のクオカード使用。
それと東建優待品のクッパの素をスープ代わりに食べました。
 今回の三日間の旅行(山行)でお金を支払ったのはガソリン代
だけで、あとはほとんど優待品でまかなえました。
本当に優待はありがたいです。

 人気優待情報は下の株主優待をクリック 
 ▼ ▼ ▼
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村ランキングに参加してます。
よろしければ一日一回応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

[ 2012/08/04 14:15 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

ひと月ぶりの丹沢の塔ノ岳は避暑でした

 6/16に塔ノ岳に行ったときは霧で富士山みえず
7/15にリベンジで塔ノ岳に行ってきました。
今回は前回と違い最寄駅発が6:11と少しの早起きです
秦野に8:51着で8:55発のバスに間に合いましたが、30
人以上並んでいたため当然座れないと思ったら、前の
団体さん二組が座らなかったため最後のあいた一席に
座れラッキーでした。
先日のアド街で秦野を取り上げていて、ヤビツ峠までの
自転車は今日も多かったです。ヤビツ9:40着でした
 人で混雑してましたが、大山に登る人がほとんどの
ようでした。
 山道を歩きだすと今回も霧です。三ノ塔すぎたお地蔵さん
の帽子は先月青でなかったんで誰かが換えてるんですね 
地蔵
晴れならお地蔵さんから次の写真のように歩いて行く
コースが見えます。中央の一番奥が塔ノ岳です
もちろん今日は何も見えません
塔遠景
 行者岳の下りの鎖場が大渋滞で20分ほど並んで待ちました
小さい子がいたみたいです(写真の方は関係ない人です)
鎖2012.7.15
 今日は新大日で昼食です。メロンパンとサバ缶詰
でしたが、パンは食べるの時間かかり、やはり
おにぎりのほうが正解です
塔ノ岳(1491m)到着は13:45で何も見えないため13:55出発
100mで気温0.6度C下がり風速1mで体感温度1度C下がる
といわれてますが、今日の風速は12~15mぐらいで立っ
てるのがつらいぐらいでした。よって高さで9度,風で
12~15度ぐらい下がるので今日の頂上体感温度は20度
以上地上より低く15度以下だったかもしれません
避暑地より涼しかったかもしれません
塔霧頂上
いちよう頂上石碑です
 右は金冷し(何でこんな名前なんでしょうか)
分岐ですがまだ霧です
塔頂上2012.7>金冷>
大倉尾根は途中、小さい子供連れのために大渋滞
してたんで、追い越しました。
 すこし大倉尾根を降りてきたら霧がはれ
雲の切れ間に秦野の町が見えました
雲2012.7
国定公園の案内板に到着後、大倉バス停留所
に16:10に到着し16:18のバスに乗れました
看板2012.715

帰りの小田急線が人身事故で30分遅れ時間が
遅くなったため途中の松屋で牛丼を食べました
松屋は優待券ないため現金払いです。
松屋2012.715
 帰宅は21:00でした。

人気優待情報は下の株主優待をクリック 
 ▼ ▼ ▼
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村ランキングに参加してます。
よろしければ一日一回応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
[ 2012/07/15 23:56 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)
八ヶ岳の赤岳 2899m
赤岳8.28日の岳より
住まい探し

プロフィール

ヨット

Author:ヨット
株経験と違い優待経験は短くて
山と温泉も楽しんでます。
社労士・行政書士・宅建・FP2級
資格所有 23区内在住
HP・連絡先は右下リンクの中山
FP相談室(問合せ)です

雑誌掲載
ダイヤモンド・ザイ
2018年4月号
2018年6月号
2018年12月号
2019年12月号
2020年2月号
ザイ2019.12
FC2カウンター
累計アクセス数
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
スポンサードリンク
証券会社(一般クロス)
スポンサードリンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(折りたたみ)
過去の本試験成績と推移