FC2ブログ

FP社労士と株主優待 

山と温泉好きなヨットの優待日記です

労災保険障害等級の男女差違憲決定

 5/27に京都地裁で違憲判決があり、その後どうなったかなと
思っていたら6/10に国は控訴しないことを決定したようです
 男女差あることは社労士受験中に覚えましたが、来年から
変更になるので頭の切替が必要ですね(今年の社労士試験の対象外)
以下、新聞記事(一部略)を参考まで

顔などに著しい傷が残った際の労災補償で、男性よりも女性に高い障害等級を
認めているのは違憲として京都府内の男性(35)が国に障害補償給付処分の
取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省が、国に同処分の取り消しを命じた京都
地裁判決について、控訴しない方針を固めたことが10日、分かった。
現在の労災の障害等級制度では、容姿に著しい傷跡が残った場合、女性は男
性より等級が高く給付額の差も大きい。厚労省は、控訴断念の理由を「控訴し
ても、障害等級の男女差の合意性を立証できる見込みは小さい。男女の社会通
念の変化として判決を受け止める余地があると判断した」としており、男性の
障害等級を取り消したうえで、障害等級制度そのものの見直しをすすめるとみ
られる。
原告の男性は平成7年11月、勤務先の金属精錬会社で作業中、大やけどを
負い、顔や胸などに跡が残った。園部労働基準監督署は16年4月、男性の障
害等級を11級と判断。原告側によると、障害等級では、女性が同様のけがを
負った場合、5級と認定され、男性は裁判で「法の下の平等を定めた憲法14
条に違反する」と訴えた。
 5月27日の京都地裁判決は「著しい外見の障害についてだけ、男女の性別
で大きな差が設けられているのは不合理」などとして男性の訴えを認めた
(産経新聞)

なお現行の労災保険の顔面部の障害の等級表は次のとおりなので参考まで
 7級  女子の外貌に著しい醜状を残すもの
 12級 女子の外貌に醜状を残すもの
 12級 男子の外貌に著しい醜状を残すもの
 14級 男子の外貌に醜状を残すもの

社労士試験選択式の概要は、今日中には書きます

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村
   ↑
応援クリックお願いします
合格祈願
応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/06/13 08:26 ] 社労士受験関係日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

八ヶ岳の赤岳 2899m
赤岳8.28日の岳より
住まい探し

プロフィール

ヨット

Author:ヨット
株経験と違い優待経験は短くて
山と温泉も楽しんでます。
社労士・行政書士・宅建・FP2級
資格所有 23区内在住
HP・連絡先は右下リンクの中山
FP相談室(問合せ)です

雑誌掲載
ダイヤモンド・ザイ
2018年4月号
2018年6月号
2018年12月号
2019年12月号
2020年2月号
ザイ2019.12
FC2カウンター
累計アクセス数
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
スポンサードリンク
証券会社(一般クロス)
スポンサードリンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(折りたたみ)
過去の本試験成績と推移